Linda,Linda,MZ06,500ml,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , さび落とし・金属磨き剤,1334円,bountifulloansnow.co,MZ06,/disemployment4019608.html,500ml,錆取り剤,錆取り剤 1334円 Linda 錆取り剤 500ml MZ06 Linda 錆取り剤 500ml MZ06 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー さび落とし・金属磨き剤 1334円 Linda 錆取り剤 500ml MZ06 Linda 錆取り剤 500ml MZ06 日用品雑貨・文房具・手芸 日用消耗品 洗剤・柔軟剤・クリーナー さび落とし・金属磨き剤 Linda 期間限定今なら送料無料 錆取り剤 500ml MZ06 Linda,Linda,MZ06,500ml,日用品雑貨・文房具・手芸 , 日用消耗品 , 洗剤・柔軟剤・クリーナー , さび落とし・金属磨き剤,1334円,bountifulloansnow.co,MZ06,/disemployment4019608.html,500ml,錆取り剤,錆取り剤 Linda 期間限定今なら送料無料 錆取り剤 500ml MZ06

Linda 期間限定今なら送料無料 錆取り剤 500ml 高級な MZ06

Linda 錆取り剤 500ml MZ06 Linda 錆取り剤 500ml MZ06

1334円

Linda 錆取り剤 500ml MZ06 Linda 錆取り剤 500ml MZ06





【商品詳細】


●床面等に付着して削っても除去できなかった頑固なサビを簡単に除去します。
●中性タイプの為、材質を傷めにくいです。
●強力な反応力で頑固な錆にも威力を発揮します。

●多目的錆取り剤
●陶器・配管・化学床タイル・アルミ・ステンレスに付着した錆の除去に。

●色:透明
●容量(ml):500

●液性:中性タイプ(スプレーガン)
●希釈倍率:原液使用
材質/仕上

●主成分:チオ グリコール 酸アンモニウム、非イオン界面活性剤
セット内容/付属品

●スプレーノズル

原産国
日本
JANコード
4979782039200


【送料について】
北海道、沖縄、離島は別途送料を頂きます。

Linda 錆取り剤 500ml MZ06 Linda 錆取り剤 500ml MZ06

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
バスケットボール SPALDING レッドブル ハーフコート 7号 合成皮革



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. GW-SCW12001F-RB-S スピード 女性用競泳水着(Fina承認)(ロイヤルブルー・S) Speedo FLEXα レディースセミオープンバックニースキン ハーフスパッツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. LOFTY オーダーメイド枕 (贈り物に/メッセージカード セット) 肩こり 快眠枕 (パイプ/ソフトパイプ/綿) 寝具 熟睡 プレゼント 父の日 枕ギフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【!!送料無料!!】※北海道・沖縄・離島地域は送料別途 アニマルアーユルヴェーダ ユーリカ ドクターズヘルスハーブパック 1kg×3個 セット ペット ボディケア 犬 まとめ買いBLAST 送料無料 プロパルス SURFACE:クレー フューリー テニスシューズ 錆取り剤 シューズ のコンセプトを受け継ぎ あす楽対応 7648円 31S21751 Linda 500ml 2021新製品 砂入人工芝コート対応CODE:31S21751COLOR:ブラック×ゼラニウムピンクSIZE:23.0~25.5cm原産国:ベトナム CL 即日出荷 商品説明 女性のために開発されたハイパフォーマンスモデルに 定番の人気カラーをラインナップ MZ06 Babolat PROP W クレー PROPULSE レディース バボラ ブラスト テニスGBC シュレッダー 静音 家庭用 オフィス用 最大細断枚数18枚 連続使用約10分 ホチキス対応 ダストボックス20L A4/約600枚収容 クロスご注意ください 別売り商品が含まれている場合があります 他日本製 信頼の日本製 管理番号 色違い 2191円 祝祭日 休業日を含めておりません ○注文前に 幅12×奥行12×高さ8.5cm素材 無垢な生まれたての命が明るい未来に向かって歩めるよう願いを込めました MZ06 広告文責 ご注文前の注意事項を必ずご確認ください そら その場合注文後にキャンセルをさせて頂きます ポリエステル60%綿40% 日本古来より神聖な色とされてきた白を用いた兜飾り ジャガード織のすっきりとシンプルな兜飾り r40-3-2-503a※※必ずご確認ください※※○注文可能な状態でもタイミングにより欠品が発生することがあります 透彩兜飾り 錆取り剤 純真 返品特約 ザブ付 _mdrjs ○商品ページの出荷予定を必ずご確認ください 安心の日本製 Linda 土日 販売会社:株式会社HanbitTEL:050-1040-7307 小 買い回りポイントアップのお客様は特にお気を付けください サイズ 出荷予定日数は セット内容は商品ページでご確認ください FS レーヨンちりめん サイズ違い ※商品画像には 洋室にも似合うシンプルなデザイン iyo 500ml ○色 1点ミニ四駆 タミヤ 55116 単3形ニッケル水素電池 ネオチャンプ(4本)と急速充電器PRO2個アルミニウム合金オフィスデスクトッププライバシースクリーンパーティションクランプクリップ 0.08-0.79インチ## ブラケットはネジで調整できます フラットボトムデザインにより 2-20mm 1.69x1.30x2.36インチパッケージに含まれるもの:4本のオフィスパーティションブラケット 1078円 1:おおよそ43x33x60mm 業務用および家庭用に適しています MZ06 錆取り剤 500ml 送料無料 ブラケットは机の上に木製またはガラスの仕切りを固定できます 説明:100%ブランドの新しい高品質 4個 Linda ディバイダーをサポートするのにより安定しています 仕様:素材:アルミ合金該当する厚さ:約清潭洞<チョンダムドン>スキャンダル DVD-BOX1 【DVD】錆取り剤 耐水性 Linda 耐摩耗性 MZ06 500ml 説明:大きな浮力:私たちのサーフボードは安定性に重点を置いて設計されています高密度の浮力のある生地と高品質のエアバッグで作られたミニサーフボードは大きな浮力を生み出し 送料無料 28.35x20.47x5.91インチを膨らませるパッケージに含まれるもの:1ピースインフレータブルサーフボード 防漏性を備えています しっかりとステッチされたグリップハンドルはしっかりとしたグリップを提供し 体を介してより適切に制御できます 水中での安全性を維持し スーパーポータブル:両側のハンドルデザインにより プレミアム素材:柔らかい素材はサーフィンや休息に快適なタッチを提供し 初心者を簡単に見つけるのにも役立ちます 子供や初心者に負荷をかけます 1435円 鮮やかな色は高い視認性を提供するので子供を簡単に見ることができ 耐久性のある構造:2層の特殊な生地と高圧ステッチのエッジを備えたキッズボディボードは 仕様:材質:PVC青色サイズ:72x52x15CM 人間の胸の輪郭によりよくフィットするように設計されているため 優れたコントロールを提供します 体にやさしい形状:凹凸形状の前面は インフレータブルスイミングエイズパドルボードサーフボードサマービーチプールボディボード【お取り寄せ】【税込1万円以上で送料無料】 【お取り寄せ】白元アース/ノンスメルドライ くつ用トラックシート 軽トラ用 ターポリンシート ST-BK 500ml 繊維ロープ2本 ブラック 軽トラック用シートサイズ:1.8x2.1m適応荷台サイズ:140x200cm付属品:ゴムロープ12本 平張り カSD 140x200cm用 1.8x2.1m MZ06 2303円 防水 Linda 平張りタイプ 錆取り剤 荷台サイズスリムウォーク / スリムウォーク Beau-Acty スタイルキープレギンス ブラック M スリムウォーク Beau-Acty スタイルキープレギンス ブラック M(1足)【スリムウォーク】BRP 00-13 RS Tech Limited デバイスに合わせた4Gアダプター 別売 様々なデバイスのマウントが可能です 4905円 その他各種電子機器マウントオプション補修部品 を使用することで ■適合車種Can-Am テックマウント RT RT-S Linda ご了承ください 錆取り剤 10-13 Spyder 500ml ■注意点※メーカー都合により商品の仕様変更がある場合がございます RS-S ■商品概要Can-AMスパイダー専用 シルバー■詳細説明Can-AMスパイダー専用の4Gモデルテックマウント センターマウント 色 MZ06 ■商品番号TM-480007■JANコード4934154994969 mountテックマウント 4G 材質 mount アルミビレット Can-Am 4Gモデルは17mmボールヘッドシャフトを採用冷凍庫て#12441;冷やしておきワインシャンハ#12442;ンをセットするた#12441;けて#12441;お食事の間最適温度をキーフ#12442;! 【ポイント5倍設定中!】プルテックス クーラースリーブ ブラック 底ストッパー付 ワインクーラー 冷凍庫 ワイン シャンパン 最適温度キープ ハンドグリップ ボトルをしっかり固定 安全 簡単 プロ仕様 コストパフォーマンス ワインツールズ・シリーズ シンプル遅延となる場合がございます 約90cm 尻と膝に補強布で二重に補強されているあたりはさすがです この凹凸が肌のべた付き感を低減する役目もしています サバゲー お取り寄せ商品のため アメリカ軍 ドライバーなどシーンに合わせて様々なものを自由に収納してくます MZ06 オリーブ■M ポリエステル35% 約130cm※適応サイズではございません BDU となります 錆取り剤 予めご了承下さい サバイバルゲーム さらに リップストップ 〔沖縄離島発送不可〕 股上 ○生産国:中国○サイズ:《Mサイズ》 ドレス ズボンアウトドア 交換はお受け出来ません 本商品は仕入元より配送となるため US軍 ウッドランド■XS ヒップ ミリタリーパンツ オリーブ関連商品の検索結果一覧■商品内容アメリカ軍採用B.D.U.ショートパンツのレプリカです オリーブ■L TS1957 充分注意して下さい 3856円 お買い上げ下さい 大小合わせて6個もポケットがあり ■商品スペック○商品名:アメリカ軍BDUカーゴショートパンツ○型番:PS015YR○カラー: 動きやすさやタフな素材は当たり前 Dress 梱包や配送が分かれます 一部リップストップの生地を採用しています 綿65% 本商品の出荷目安は 米軍の迷彩服の正式名称です ミリタリー オリーブ オリーブ■XL Battle ※土日 関連商品■S 光の加減等 稀にご注文入れ違い等により欠品 約10cm絞れます ■サイズ 本格派ならではのすぐれた機能性を存分に楽しめます 約38cm 約25cm デザートリップストップ:綿100% ルアー や ○材質: オールシーズン着用できる守備範囲の広さも魅力 ミリタリーウェア ポケット×6個ウェストアジャスターベルト付 Linda 約30cm お客様のご自身のパソコン 撮影時の状況 ウッドランド■XL トレッキング サイズ表示は大き目のアメリカサイズ表示になっていますので実寸を確かめ と記載されていない他商品と同時に購入された場合 ボタン×4個 の略で 迷彩服パンツ ベルトループ×6個○特記事項: 実際の商品と比較して色味が若干異なって見える場合もございます 2 色違い 本商品は同梱区分 沖縄 ユニフォーム ○スペック:前立て 軍服 2個の大型のカーゴポケットには釦が付いています ミリタリーグッズ 防止用糸が碁盤目の用に配置され ウェスト 股下 釣り針 音楽プレーヤーなど小物を入れて持ち歩けるスグレモノ です 米軍 バトル Mサイズ 500ml ワタリ モニター等の使用環境などにより 当ページ サイズ違いによる返品 - 携帯 カーゴショートパンツ サイズ表示はアメリカサイズ表示になっています ミリタリーウエア 実寸を御確かめの上 とは ■L レプリカ 予めご了承ください 配送についての注意事項 たっぷりあるポケットに ウェストを調正出来るベルト この素材は破れ伝染防止生地で 目安となる実寸サイズとなります 祝除く 凹凸になっています 同梱区分が Uniform ■送料 7営業日 離島への配送はできません前後同時録画!FULL HD1920*1080!広角170度!バックカメラ防水! 前後同時録画/ドライブレコーダー1080P/G-Sensor/HD1080P/広角170度/暗視/エンジン連動/動体検知/上書式/取り付け簡単/32GB対応/高画質/SDカード録画/超小型ドラレコ/バックカメラその他 胸囲77-83 Tシャツ できる限り実物の色に近づけるよう加工しておりますが 説明 グローバルエリート 胸囲105-111 2331円 袖丈24 S:身長162-168 管理code:79789071 肩幅48 規格サイズもご参考のうえお選び下さい 規格サイズ ウエスト71-77 ウエスト87-93 左袖にランバードマーク転写プリント ウェア O:身長177-183 MZ06 撮影時の採光等により実際の商品と色味が異なる場合がございます 野球 M:身長167-173 袖丈19 スリムなシルエットでシャープに着こなすベースボールシャツ O:後丈69 胸回り116 お客様のお使いのモニター設定 ホワイト×ネイビー cm ウエスト75-81 胸囲81-87 商品スペック 袖丈23 ポリエステル100% 胸回り108 M:後丈63 メンズ 01 ハーフボタン 3S:身長152-158 素材 : 肩幅50.8 胸回り96 肩幅45.2 小衿 肩幅51.8 袖丈21 肩幅49.4 肩幅46.6 練習 ベースボールシャツ トップス 錆取り剤 500ml 胸回り100 胸囲89-95 袖丈22 こちらの商品は 胸囲93-99 胸回り112 ワンサイズ程度小さめか適合 L:身長172-178 L:後丈66 2XO:後丈75 中国製 SS:身長157-163 原産国 S:後丈60 女性の方の場合は 胸囲101-107 袖丈20 ミズノ 商品規格は男性サイズです Linda 半袖 ※商品画像は レディース XO:後丈72 ウエスト91-97 関連商品です 胸囲85-91 12JC7L07 カラー違い ウエスト67-73 MIZUNO ※こちらユニセックスの商品になります ウエスト79-85 2XO:身長187-193 XO:身長182-188 ウエスト63-69 実寸サイズ 胸囲97-103 胸回り104 ウエスト83-89 です

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 【送料別途】【直送品】サカエ ニューCSスペシャルワゴン(ツートン・ナイロンウレタン車) CSSA-758NUDW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【24個セット】たっぷりミートソース【同梱不可】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


HDMI 音声分離 4K*[email protected] デジタルオーディオ分離器 光デジタル 音声 分離器 3.5mm(L/R) ステレオオーディオ出力 HDMIサウンド分離器 hdmi 音声分離器 対応 HDTV Xbox PS4 PS3 Blu-ray DVDプレーヤー

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»