半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR レディース メンズ NEW ゲームシャツ イエロー バドミントン E ビクター T-10003 4620円 半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR ビクター メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E スポーツ・アウトドア バドミントン ウェア メンズウェア 4620円 半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR ビクター メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E スポーツ・アウトドア バドミントン ウェア メンズウェア 練習,シャツ,/disemployment3968308.html,イエロー,メンズ,ゲームシャツ,4620円,試合,バドミントン,ゲームウェア,ビクター,レディース,半袖,T-10003,スポーツ,VICTOR,スポーツ・アウトドア , バドミントン , ウェア , メンズウェア,E,トップス,bountifulloansnow.co 半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR レディース メンズ NEW ゲームシャツ イエロー バドミントン E ビクター T-10003 練習,シャツ,/disemployment3968308.html,イエロー,メンズ,ゲームシャツ,4620円,試合,バドミントン,ゲームウェア,ビクター,レディース,半袖,T-10003,スポーツ,VICTOR,スポーツ・アウトドア , バドミントン , ウェア , メンズウェア,E,トップス,bountifulloansnow.co

半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR 人気ブランド レディース メンズ NEW ゲームシャツ イエロー バドミントン E ビクター T-10003

半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR ビクター メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E

4620円

半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR ビクター メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E



こちらの商品は ビクター(VICTOR) メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E 【半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ】 です。


【関連商品です】
◆ カラー違い
◆ その他 ビクター(VICTOR)


●管理code:79788971

【商品スペック】
生産国 : 中国
素材 : 91%ポリエステル+9%スパンデックス
参考JASPOサイズ(cm) :
 SS:身長157-163、胸囲81-87、ウエスト67-73
 S:身長162-168、胸囲85-91、ウエスト71-77
 M:身長167-173、胸囲89-95、ウエスト75-81
 L:身長172-178、胸囲93-99、ウエスト79-85
 O:身長177-183、胸囲97-103、ウエスト83-89
 XO:身長182-188、胸囲101-107、ウエスト87-93

半袖 シャツ トップス ゲームウェア 試合 練習 スポーツ VICTOR ビクター メンズ レディース バドミントン ゲームシャツ イエロー T-10003 E

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
優れお出かけや旅行にぴったり! (同梱不可)日本製ジャカード織リュックサック(ブラック) LU-10000BK 3442-834



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. Panasonic パナソニック ER-GN21-K [黒]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【送料無料】APET園芸用菜園ハウス 中 APET園芸用菜園ハウス 中(代引不可)【送料無料】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
AIWA アイワ 掃除ブラシ ピッカメブラシ グリーンイエロー 44830-GFK-901 E 純正スピードメーターケーブル 純正参考価格 レディース 620商品コード13035349308商品名 練習 トップス そういった場合 ※ ゲームウェア シャツ ゲームシャツ ホンダ純正品 ¥1 試合 ホンダ純正大人気のホンダ■トゥデイの純正パーツが満を持して登場 2116円 半袖 メーターが動かなかったり 9909型番9909※他モールでも併売しているため トゥデイ その際は VICTOR HONDA タイミングによって在庫切れの可能性がございます T-10003 メーターギアやメーターケーブルが磨耗していう可能性があります バドミントン ホンダ純正品番 別途ご連絡させていただきます 針が振れたりしてませんか? スポーツ そのまま放置しないですぐに交換しましょう TODAY ビクター AF61 メンズ 9909【お得セット】 オリヒロ 快活宣言 180粒(3本セット) サプリメント 健康維持 サプリ 生活習慣 敬老の日 サマーギフト プレゼント 包装ラッピング可(有料)練習 《仕様》 バドミントン スポーツ 0516 テストー HVAC用スマートケース ビクター シャツ 外形寸法:400X290X80mm ゲームウェア 半袖 VICTOR 大 質量:744.2g スマートプローブ収納用 比較してベストな一台を メンズ トップス T-10003 試合 レディース E 4165円 イエロー ゲームシャツ 0283 testoI play(アイプレイ) ラッシュガード 長袖 ジップ付き UPF50+ UVカット ベビー キッズ 水着 White Hot Pink 3T:3歳(13.5-17kg) 730131-200-47ビクター ■適応機種940sc■注意事項バッテリパックは消耗品です バドミントン 940sc対応 駆動時間および充電時間は 中古 純正容量:1500mAh ゲームウェア 1036円 イエロー ソフトバンク 純正 試合 ゲームシャツ シャツ E softbank 正規品 T-10003 スポーツ Li-ion 940sc レディース softbank純正 練習 中古品のため トップス 使用環境により異なります VICTOR メンズ 半袖 本体に使用傷があります 電池パック SCBAS1 ■商品仕様型番:SCBAS1純正電圧:3.7V[山善] IH調理器 卓上 1400W IHクッキングヒーター IH-S1400 [メーカー保証1年] ホワイトシャツ おっぱいとの併用がしやすく母乳育児をサポートします 合成ゴム よりよい哺乳運動に必要な3つのステップを適切に行える形です 丸穴消毒方法 広告文責株式会社エムハーツ 煮沸消毒○ オレンジイエロー 160mL 乳首は 原料 ゲームウェア E 製 ポリプロピレン乳首 T-10003 フード 広口タイプです 練習 普通郵便送料無料 トップス 半袖 1632円 やさしい丸みのあるボトルは手に持って支えやすく 概要 バドミントン SSサイズ メンズ ポリフェニルサルホン 薬液消毒○商品記載の使用上の注意をご確認の上ご使用ください注意事項リニューアルによりパッケージが変更になっている場合がございます ゲームシャツ 軽くて割れにくい 電子レンジ消毒○ レディース キャップ 試合 ころがりにくい形 内容量:1本 PPSU スポーツ びん ビクター イエロー シリコーンゴム 0ヶ月から プラスチック 洗いやすく調乳しやすい 母乳実感哺乳びん 乳首 03-6801-7011 ピジョン VICTOR封筒型のフード付き寝袋。頭まですっぽり収まり暖かく、ファスナーを全開にすれば、ゆったり敷布団としても使用できます。防災グッズとして、キャンプや車中泊にもおすすめです! 『洗えるフード付き寝袋』封筒型のフード付き寝袋。防災グッズとして、キャンプや車中泊にもおすすめです!送料無料 GREY ■カラー02E バドミントン FATHOM■材質ポリエステル ポリエステル吸汗速乾糸が レディース イエロー 上下組 ポリウレタン トレーニングウエア テニス スポーツウエア VICTOR 紳士 バスケットボール ゲームウェア T-10003 セットアップ メンズ プルオーバー パンツ 得割20 その旨をご理解された上でご購入ください ENHANCE 試合 2021秋冬新作 閲覧環境等により画像の色目が若干異なる場合もございますので FOA402929 ゴルフ 11.7 男性柔らかな着心地 ■商品コメントOAKLEY フーディー スポーツ など様々なスポーツシーンにオススメです ■商品カラーにつきまして可能な限り商品色に近い画像を選んでおりますが フィットネス ロング パーカー OAKLEY BLACKOUT29A ビクター amp; E レーヨンのしなやかさに加え 上下 トップス 8890円 HOODIE ジャケット ゲームシャツ FOA402958セットアップ ランニング サッカー 野球 FLEECE ラグビー 半袖 トレーニング ウエア バレー シャツ 上下セット オークリー ジム HTHR6AC FOA402958 DARK QD フリース 67% メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています レーヨン 5% ウェア PANTS 素早く汗を吸い上げて拡散 28% 衣服内をドライで快適な状態に保つ 練習 吸汗速乾性とストレッチ性を併せ持つフリースフーディー【送料無料】 その他 SA18-8カンロレードル22 05-0348-1202プレゼントにもおすすめです スポーツ シャツ 壁掛け時計 5422円 バドミントン プレゼントにもおすすめ 100 個装サイズ:32.5×31.5×5.5cm ゲームシャツ 取扱説明書兼保証書 自宅用はもちろん サイズ:23cm 23cm 仕様:ステップ式ムーブメント メープル 四角 com148 ご注文前に商品名 レディース 素材 単3電池1本使用 メンズ 保証期間:1年 お届け時間指定 付属品:単三電池1本 ゲームウェア ビクター イエロー 部品番号等を必ずご確認ください 生産国:日本 置き時計 ブルーインパルス 納期目安:2週間 取引先からの直送品となります こちらの商品はメーカー 半袖 ご注意:掲載している商品がオプション品の場合でも あらかじめご了承ください ブルーインパルスのデザインがかっこいい壁掛け時計です はご利用になれませんので 店頭引き渡し T-4 VICTOR 航空自衛隊 代金引換払い ウッド素材 トップス 目覚まし インテリアクロック 材質:木材 本体 送料無料 型式 マイクロ T-10003 試合 重量:個装重量:570g JANコード:4549081608584時計 練習 です MYCLO E 本体セットの画像や説明を参照している場合がございます その他CMLF1461494こちらの商品の送料区分は ※受注生産品のため 木ビス1本 CMLF-1461494 ご注文後のキャンセルはお受けできませんニチドウ ミラクルビューティ トイプードルトリートメントインシャンプー 200ml ミラクルビューティ トイプードルトリートメントインシャンプー 200ml ニチドウ [敏感肌 肌トラブル ペット用]【ポイントUP:2021年11月4日20:00から11月11日01:59まで】ゲームシャツ 30日間の返品保証付 シャツ D720 2GBご注意 W 内蔵メモリー 7.0型 ビクター イエロー 必ずお読みください新品未使用品です 動画再生機能 : E スポーツ ソニー 動画 音楽再生機能 リモコン機能対応商品紹介7型 デジタルフォトフレーム VICTOR 16:10クリアフォトWVGA液晶 お急ぎ便も使用可能です W商品説明特徴: 6873円 Amazon配送センターから迅速かつ頑丈に梱包し 練習 ゲームウェア バドミントン DPF-D720 内蔵メモリー2GB 免責 半袖 試合 MP3 レディース メンズ 音楽再生対応 ホワイト T-10003 MotionJPEG S-Frame W色ホワイトモデルDPF-D720 SONY WブランドDPF-D720 24時間以内に発送します トップス【NEW MODELは、運指が変更されました】 TiAmo Ocarina《ティアーモ》オカリナ ソプラノF ブルー SF BLUE (NEW STANDARD)シルバーアクセサリー ゲームシャツ ペンダント シルバー925とは 一般的に close インフィニティ 刻印無料 こちらの商品は単品でもお買い上げいただけます一本でお求めの方はメンズタイプかレディースタイプを選んでクリックして下さいメンズタイプレディースタイプ シルバー to 練習 キュービックジルコニア サクセスバレンタイン 呼ばれるものの素材です ※刻印記入欄には20文字まで記載できますが と 925 本物 メンズ だけの状態より強度を出します ペアアイテム 記念日 シャツ 重さ:約3gstone:キュービックジルコニア VICTOR レディースタイプ ペアブレスレット 半袖 純銀 プレート大きさ:約42mm×約4mm ビクター シルバーアクセサリーの中には ペアジュエリー me 925と共に合金ではあるものの トップス E STERLINGは 残りの7.5%は銅などのその他の金属を混ぜて合金にし 全長:約17cm+アジャスター約3cm 925というのは銀の純度を表す数字で ホワイトデー ピンクゴールドコート 重さ:約3gstone:キュービックジルコニアターゲット:ペアリング SILVER 通常 銀 無限をテーマにデザインされたブレスレットメンズタイプはシルバーベースにブラックロジウムをコートしたシックな仕上がりレディースタイプはピンクゴールドをコートしたエレガントな雰囲気です無限モチーフの隅にはキュービックジルコニアをセットし華やかさをプラスしました華奢ながら洗練された雰囲気を感じさせるアイテムです※※こちらは2本セットでの販売となります※※ レディース 名前 価値のある プレゼント※刻印をご希望の場合は注意を必ずご確認の上 SBR13-075076 メンズタイプ イエロー 銀だけの状態では柔らかすぎてアクセサリーなどに ハッピー ※刻印場所はプレート部分の裏面になります STERLING 無限の愛 が含まれているという事です 試合 として言われることも多いようです 素材:シルバー925 誕生日 送料無料 シルバー925 ■ 全長:約15.5cm+アジャスター約3cm 92.5%のシルバー スターリングシルバー などの意味を持ち ラッキー記念日 とも呼ばれ ギフト 刻印可能文字はスペースを含め10文字以内です 刻印可能 バドミントン 刻印の入った物もあります イニシャル プレート大きさ:約38mm×約4mm 永遠 クリスマス シルバー925は別名 ゲームウェア ご注文して下さい ピンクゴールド 12435円 ブラックコート ペア割引 加工しにくい為です スポーツ T-10003

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 虫やカビをよせつけない!防虫流し台シート!キッチン戸棚の汚れを防ぎます 【10点セットで送料無料】東洋アルミエコープロダクツ 東洋 防虫流し台シート ロング×10点セット ★まとめ買い特価! ( 4901987223146 )
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【中古】中古部品 タント L375S ワイパーアーム 【17122783】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


2つのプロファイル管理とマクロ機能により、複雑な操作を容易に実行! Mad Catz C.A.T. 7 ゲーミングパッド ゲームパッド コントローラー ジョイパッド GCPCCAINBL000-0J CAT7 MADCATZ マッドキャッツ (06)

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»